オアシス 5月の予定

若葉、緑、花、鳥の囀り、5月の風に吹かれれば、どこに居ても、「幸せ」。
 ご近所のある方、「私は不運・不幸せと思って生きてきました。でも白杖を突いて真剣に歩いている人を見た時、人生観が変わりました。引っ越ししてきてくれてありがとう!」と。「障害を持ち地域に暮らすには、社会の中に普通に居ることですね。」と重複障害のKさん。

5月の予定のお知らせです。

 最近の「リハビリ外来」は、眼科からの紹介が増えています。
 働いている方からのご相談も多く、清水先生、石川先生、それに藤本ケースワーカーの存在が、心強いです。就労支援センター「コアサポート」の方も見学に来られ、間もなく就職が決まりそうな人も・・
 今月の「歩行・転倒予防講習会」は、岩原管理栄養士による「転倒予防と栄養」が予定されています。

~~
10日(水)午後1時から「新大学生さんによる"パソコン勉強会~ネット検索~"」
11日(木)午前11時から「リハビリ外来」
   清水先生、大石先生(眼科)、山田先生(内科)ほか医療スタッフ
13日(土)午前10時から「グループセラピー」
    午後1時30分から「グループ会議」
18日(木)午前11時から「リハビリ外来」
     石川先生、大石先生、山田先生ほか医療スタッフ
20日(土)午前10時から「あすなろ」樋口幸子講師
21日(日)午後1時から「白杖・誘導・転倒予防講習会」新潟市総合福祉会館4階
24日(水)午前10時から「調理教室」
30日(火)午後1時30分から「あすなろ」

~~以上

 お問い合わせは、025-267-8833 にお電話下さい。
楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。小島

「目や見え方に関する教育相談会」の御案内

「目や見え方に関する教育相談会」の御案内

新潟県立新潟盲学校では、お子さんの目や見え方に心配のある保護者や関係者の方々を対象に、教育相談会を実施します。今年度は、医療の専門家の方から講演をしていただきます。また、御希望された方を対象に、お子さんの教育や就学等について、医療、教育の専門家が相談をお受けします。御希望の場合は都合のよい会場をお選びください。

なお、詳細・申込み等につきましては当校HPに掲載しております。そちらを御覧ください。
http://www.niigatamou.nein.ed.jp/

(当校では教育相談を随時受け付けています。目や見え方に関して気になることや困っていることなどがありましたら、お気軽に学校にお電話ください。TEL 025-286-3258)

1 期日及び会場  

〈下越地区〉 平成29年6月29日(木)
  県立教育センター(新潟市西区曽和100-1)
     025-263-1094 
〈中越地区〉 平成29年7月3日(月)
  長岡市教育センター (長岡市三和2-8-2)
     0258-32-3716
〈上越地区〉 平成29年7月10日(月)
  上越市福祉交流プラザ(上越市寺町2-20-1) 
      025-527-2525

2 日程

●受付 下越・中越会場 13:00~13:30
    上越会場 13:30~13:50
●講話 下越・中越会場 13:40~14:30
    上越会場 14:00~14:50

〈下越地区〉
「目や見え方に心配のあるお子さんへの発達支援
             ~医療の現場から~」(仮題)
   新潟大学医歯学総合病院 
             小児眼科 植木 智志 様
〈中越地区〉
「目や見え方に心配のあるお子さんへの発達支援」(仮題)  
   新潟医療福祉大学 医療技術学部 
                教授 石井 雅子 様
〈上越地区〉
「目や見え方に心配のあるお子さんへの発達支援」(仮題)
   新潟医療福祉大学 医療技術学部 
                教授 石井 雅子 様

●個別相談 
  下越・中越会場 14:40~16:30
  上越会場 15:10~16:30

〈下越地区〉
新潟大学医歯学総合病院 
   小児眼科 植木 智志 様
新潟盲学校職員
〈中越地区〉
新潟医療福祉大学 医療技術学部 
   教授 石井 雅子 様
新潟盲学校職員
〈上越地区〉
新潟医療福祉大学 医療技術学部 
   教授 石井 雅子 様
新潟盲学校職員

ご案内のチラシはこちらからダウンロードできます。
http://www.niigatamou.nein.ed.jp/soudan_shien/H29sodanannnai.pdf

視覚障がい者のためのパソコン春季講習のご案内

視覚障がい者のためのパソコン春季講習のご案内

新潟県視覚障害者福祉協会と新潟大学医歯学総合病院眼科、新潟大学人間支援科学教育研究センターの共催で実施します「視覚障がい者のためのパソコン春季講習」が6月1日より全10回にて開講いたします。本講座では、用意するカリキュラムだけでなく、受講者様の要望に応える形で講習会を進行します。ノートパソコンをお持ちの方はご持参下さい。

講義概要:
音声ソフトウェアを用いた視覚障がい者向けパソコン操作の講習

1. 日程:6月1日(木)から9月21日(木)
 時間:17時30分から19時30分
 (6月8日、7月27日、8月を除く)毎週木曜日 全10回
  ※注 7月5日のみ水曜日となります。

2 .会場:新潟大学駅南キャンパスときめいと 講義室A
     (新潟駅南口プラーカ1 2階)

3. 対象者:視覚障がい者の方でパソコンをお持ちか、購入予定のある方

4. 定員:7名(申し込み先着順)

5. 受講料:10,000円

6. 申込締切:5月26日(金)

申込みを希望される方は、下記へ電話でのご連絡をお願いいたします。

新潟大学研究企画推進部産学連携課
TEL 025-262-7633



          クリックすると拡大します↓ 
画像

新春朗読会のご案内

画像
 5周年記念の今年は、「いのちとこころの旅」をテーマに、ノーベル文学賞受賞の ボブ・ディランから、フランス文学の「星の王子さま」まで、いのちって?こころって? 物語と朗読を通して 感じてみませんか?

「あすなろ」は、見えない方、見える方が、共に楽しんでいます。会場の雰囲気を盛り上げようと「葉っぱと星」も共に作り、どう飾ろうか?夢を膨らませています。

 見えにくい・見えない方のフルートやハーモニカ、空での朗読、晴眼者と一緒の朗読、歌にコーラス、もちろん晴眼者も・・・プロのアナウンサーの朗読は圧巻です。
 ほっと一息のテータイムもご用意してあります。
 どうぞ、お誘い合せてお越し下さい。

~~
日時:2017年1月28日(土)
    13時から(受付は12時から)
場所:新潟市総合福祉会館4F
朗読:あすなろ&樋口幸子フリーアナウンサー

     *申込みが必要です。

◆オープニング
*フルート演奏  松任谷由美 「春よ、来い」
*くどうなおこ 「あいたくて」 「またあいたくて」
*金子みすゞ 「水と風と子供」ほか *日報抄から
*ボブ・ディラン 「風に吹かれて」「はじまりの日」

◆第一部
*小川未明 「野ばら」
 敵味方なのに互いを思いやる老兵士と若者。
 国境には野ばらが咲きみつばちが飛んでいた、その野ばらは枯れてしまう。

*レオ・パスカーリア作 みらい なな訳 「葉っぱのフレディ」
・春に生まれた葉っぱは、夏、秋を過ごし 冬になり、いなくなる。でもまた 春がめぐってきました。
いのちと循環の物語を・・変化は自然なもの、経験したことがないことは、怖いと思うもの。

◆音楽とお茶を・・
ハーモニカ(いろは歌、ふるさと)と歌(ヤシの実他)♪

◆第2部
*サン・テグジュペリ作 内藤濯訳 「星の王子さま」
  朗読 樋口幸子フリーアナウンサー
小さな国の星の王子さま、バラと仲たがいして旅に出る。星をめぐり、地球へ・・不時着した飛行機乗りの「ぼく」に出会う。薔薇のために時間を割いたことは?
「悲しいことは、いつまでも続かないよ。大切なことはね、目に見えないんだよ。」


~~
主催:NPO法人障害者自立支援センターオアシス

お申し込み、お問い合わせ: 
電話:025-267-8833 小島、三留、渡辺
携帯:080-1054-7898
メール:k-kojima7511@ma.tlp.ne.jp aisuisin@fsinet.or.jp


お申し込み、お待ちしています。 事務局 小島 紀代子

「地域支援セミナー in 佐渡」の御報告

「地域支援セミナー in 佐渡」の御報告


今年度は、8月25日(木)に、佐渡市トキのむら元気館を会場に、「地域支援セミナー in 佐渡」を開催しました。当日はとてもよい天気で、海の青さや稲穂のきれいな緑色が輝いていました。

参加者は7名と少人数ではありましたが、「目や見え方に関する基礎知識」の講話では参加された方々の御希望にそった内容をお話したり、様々な見え方の体験活動にじっくり取り組んでいただいたりすることができました。
参加された方々から、「具体的な支援について知ることができた」「見えにくい体験から情報が得にくい状態の理解と支援について改めて考えることができた」と感想をいただきました。今回のセミナーで感じたり考えたりされたことを、子どもたちの支援に活用していただけると幸いです。

新潟盲学校では、このようなセミナー等に限らず、随時、相談を受け付けています。相談を御希望される方は、いつでもお電話ください。(新潟盲学校 TEL 025-286-3258)

また、開催に当たり、佐渡市トキのむら元気館には大変お世話になりました。感謝申し上げます。

「盲学校を知っていただく会」の御報告

「盲学校を知っていただく会」の御報告

平成28年8月4日、新潟盲学校で開催された「盲学校を知っていただく会」には、小学生3名、保護者1名、学校職員4名、計8名から御参加いただきました。

教育課程等の学校ガイダンス、点字の基礎と名刺作り、誘導歩行の基礎と歩行体験、弱視体験と支援具説明、盲学校で使用されている授業教材の展示を行い、各コーナーともに皆さんからとても熱心に取り組んでいただきました。
参加者からは、「知らなかったこと、間違った認識など、いろいろ気付きの多い会でした。」「体験をすることにより、相手を思い、必要な支援を考えさせられました。」といった御感想をいただきました。

 例年は30名近い参加希望があるのですが、今年度は参加人数が少なく、来年への課題となりました。興味・関心のある方、参加したいと思っている方など、多くの皆様に参加いただけるよう改善いたします。

 新潟盲学校では、会の開催に限らず、学校見学ができますので、興味のある方はいつでもお電話ください。

(新潟盲学校 TEL025-286-3258)

視覚障がい者のためのパソコン秋季講習のご案内

視覚障がい者のためのパソコン秋季講習のご案内


新潟県視覚障害者福祉協会と新潟大学医歯学総合病院眼科、新潟大学人間支援科学教育研究センターの共催で実施します「視覚障がい者のためのパソコン秋季講習」が10月5日から全10回にて開講します。本講座では、用意するカリキュラムだけではなく、受講者様の要望に応える形で講習会を進行します。ノートパソコンをお持ちの方はご持参下さい。

講義概要
音声ソフトウェアを用いた視覚障がい者向けパソコン操作の講習

1. 日程:10月5日(水)から12月14日(水)
 (11月23日を除く)毎週水曜日 全10回

 時間:17時30分から19時30分

2 .会場:新潟大学駅南キャンパス「といめいと」講義室A
     (新潟駅南口プラーカ1 2階)

3. 対象者:視覚障がい者の方でパソコンをお持ちか、購入予定のある方

4. 定員:4名(申し込み先着順)

5. 受講料:8,440円

6. 申込締切:9月23日(金)


申込みを希望される方は、下記へ電話でのご連絡をお願いいたします。

新潟大学研究企画推進部産学連携課
TEL 025-262-7633


===============



講習のご案内チラシは下記からダウンロードできます。

http://yahoo.jp/box/pPNQ7U


「目や見え方に関する教育相談会」の御報告

「目や見え方に関する教育相談会」の御報告

上・中・下越のそれぞれの会場で開催しました「目や見え方に関する教育相談会」が先日終了いたしました。
講演の参加者は52名、個別相談は27名行いました。

各会場では、
新潟大学医歯学総合病院
   小児眼科 植木 智志 様
新潟大学医歯学総合病院 
   眼科 ロービジョン外来 張替 涼子 様
新潟医療福祉大学 医療技術学部 
   教授 石井 雅子 様

のお力をお借りし、目や見え方に心配のあるお子さんへの発達支援といった専門的な内容をより分かりやすく説明いただいたり、相談者に対しては丁寧に対応していただいたりしました。御協力いただきました先生方にお礼申し上げます。
 参加者からは「不安に思っていたことを聞けたり、相談できたりしてよかった。」「治療の意味を知ることができた。」等の御感想をいただきました。盲学校はこれからも、相談支援、情報提供、理解啓発に一層努力しなければと改めて思いました。
今後も、何か気になることがありましたら、お気軽に盲学校はもちろんのこと、「ささだんごネット」へ御相談いただきたいと思います。

「盲学校を知っていただく会」の御案内

「盲学校を知っていただく会」の御案内

新潟県立新潟盲学校では、地域の皆様に視覚障害について知っていただく機会として、体験活動を中心とした「盲学校を知っていただく会」を開催いたします。ご興味のある方、盲学校について知りたい方、ぜひ御参加ください。お待ちしています。

1 会場
 新潟県立新潟盲学校
 (新潟市中央区山二ツ3-8-1)
 TEL 025-286-3258 
 FAX 025-286-3298

2 日時
 平成28年8月4日(木)
 13:30~16:15(受付13:00~)

3 対象者
 県内小中学校・特別支援学校の児童生徒、
 職員、保護者、及び一般の方

4 内容
 (1)盲学校紹介
 (2)体験活動 
     ①視覚障害者の歩行
     ②点字の読み書き
     ③見えにくさ(弱視)と補助具体験

5 持ち物
 内履き(かかとのあるタイプ)、筆記用具、飲み物(水分補給用)、汗ふきタオル 等

6 申込み方法等

・申込み用紙は新潟盲学校HPhttp://www.niigatamou.nein.ed.jp/に掲載しております。そちらを御使用ください。
・締め切りは7月20日(水)必着でFAXまたは郵送でお申込みください。
・小学生は、先生か保護者も一緒に参加をお願いいたします。
・使用用具の数に限りがありますので、30名を定員とさせていただきます。参加申込み多数の場合は先着順とさせていただきますので、あらかじめ御了承ください。

新潟盲学校より 「地域支援セミナー in 佐渡」のご案内

「地域支援セミナー in 佐渡」の御案内

1 テーマ 「目や見え方に心配のある子どもたちの支援について考えましょう」
2 日 時  平成28年8月25日(木)13:30~15:15
3 会 場  トキのむら元気館(佐渡市新穂瓜生屋362-1)
4 対 象  ・佐渡地域に在住する目や見え方に心配のある幼児・児童・
         生徒の保護者
        ・佐渡地域の教育関係者、保健師、その他
5 内 容  講話、様々な見え方の体験(予定)

※詳細・申込み等につきましては当校HPに掲載しております。そちらを御覧ください。 

新潟盲学校HP
http://www.niigatamou.nein.ed.jp/normal/top/normal%20page%20top.html


各種研修会・相談会のご案内・申し込みページ
http://www.niigatamou.nein.ed.jp/normal/soudan_sien/kakusyukennsyuu.html

オアシスより 「第20回サマースクール」のお知らせ

「第20回サマースクール」は、20周年記念特集です。皆さんと共に楽しみ、お祝したい。そんな想いで企画しました。

特別企画として、世界の紛争・災害地域に、「国境なき医師団」として参加されている長崎佐世保の外科医菅村洋治先生に、ご講演をお願いしました。
過酷な状況下での世界の人々との出会い、どんな医療が、どんな物語が??人間味あふれる豊かな先生ゆえのお話が楽しみです。実は先生の海外医療支援の原点は「ハンセン病」です。先生が居られなかったら、「オアシス」もなかったはずです。

そして「サマースクール」をずーと愛してくださる眼科安藤先生からの『今の医療』、いつも応援してくださる情報工学科牧野先生から「今のIT」のお話も興味深いです。

午後からの体験コーナーも、チャレンジしたいと思う魅力あるブースにしたいとオアシス力で頑張る所存です。「20周年記念サマースクール」と新生オアシス。皆さんの心に何か変化が起こるかもしれません?ご参加お待ちしています。

~目の不自由な人のための~
『第20回サマースクール』 ~20周年記念~


日時:2016年7月30日(土)受付9時 (9時30分~16時30分)
場所:新潟市総合福祉会館 (025-248-7161)
参加費: 1,000円  ガイドさんとペアの方は1,500円
対象:どなたでも

午前講演
★ 「サマースクール20回を迎えて」
    視覚障害リハビリ外来眼科 大石正夫先生
★ 「私たちの出前出張in佐世保」   
    信楽園病院内科 山田幸男先生
★ 「最近のIT機器について」 
    新潟大学工学部情報工学科教授 牧野秀夫先生
★ 「眼科治療の進歩2016」  
    済生会新潟第二病院眼科 安藤伸朗先生

★ 特別企画 『定年外科医、海外医療 ボランティアへ行く』(仮題)
   ~世界には日本の医療者たちを待っている。
    紛争・自然災害―「国境なき医師団」への参加~
     外科医        菅村洋治先生
     座長内科医     佐藤幸示先生
*****
午後はパソコン・機器・歩行・運動・足のケアetc. 体験、チャレンジしませんか?

★「福祉機器・日常生活用具」 展示・体験会 12時30分~16時30分
        (タイムズコーポレーション・新潟眼鏡院からも出店予定)
① 白杖歩行・・・・・霜鳥弘道先生、鶴巻信彦先生からのご指導です。
② 誘導歩行
③ 転倒予防
④ フットケア
⑤ パソコン ・iPad・iPhone
⑥ 調理・日常生活グッズ
  2つ3つのブースに参加できるよう、時間の配分を検討中です。

主催:新潟県中途視覚障害者のリハビリテーションを推進する会
NPO法人障害者自立支援センターオアシス

申込み:はがき、FAX、メールでお名前、電話、住所、
午後の参加希望ブースをご記入の上、7月23日までに
・・〒950-2072新潟市西区松美台3番20号
 TEL/FAX: 025-267-8833 
 メール:aisuisin@fsinet.or.jp 小島紀代子


ご案内チラシです。クリックすると拡大します。



画像

「目や見え方に関する教育相談会」の御案内

「目や見え方に関する教育相談会」の御案内

新潟県立新潟盲学校では、お子さんの目や見え方に心配のある保護者や関係者の方々を対象に、毎年教育相談会を実施しています。お子さんの教育や就学等について、医療、教育の専門家が相談をお受けします。大変申し訳ありませんが、掲載が遅くなり、個別相談は残り少なくなっております。講話については人数にまだ余裕がありますので、ご興味のある方はぜひお越しください。*参加される場合は都合のよい会場をお選びください。

(当校では教育相談を随時受け付けています。目や見え方に関して気になることや困っていることなどがありましたら、お気軽に学校にお電話ください。TEL 025-286-3258)

1 期日及び会場  

〈下越地区〉 平成28年6月30日(木)
     県立教育センター  (新潟市西区曽和100-1)
     025-263-1094 

〈中越地区〉 平成28年7月14日(木)
    長岡市教育センター (長岡市三和2-8-2)  
    0258-32-3716

〈上越地区〉 平成28年7月26日(火)
    上越市福祉交流プラザ(上越市寺町2-20-1) 
     025-527-2525

2 日程

●13:00 受付
●13:30 講話

〈下越地区〉
「教育的な支援について(乳幼児期・学齢児期)」(仮題)
   新潟県立新潟盲学校 教諭 佐藤 成実

〈中越地区〉
「目や見え方に心配のあるお子さんへの発達支援
               ~医療の現場から~」(仮題)  
   新潟大学医歯学総合病院 眼科 ロービジョン外来 張替 涼子 様

〈上越地区〉
「目や見え方に心配のあるお子さんへの発達支援」(仮題)
新潟医療福祉大学 医療技術学部 教授 石井 雅子 様

●14:40個別相談

〈下越地区〉
新潟大学医歯学総合病院 小児眼科 植木 智志 様
新潟盲学校職員

〈中越地区〉
新潟大学医歯学総合病院 眼科 ロービジョン外来 張替 涼子 様
新潟盲学校職員

〈上越地区〉
新潟医療福祉大学 医療技術学部 教授 石井 雅子 様
新潟盲学校職員

なお、詳細・申込み等につきましては当校HPに掲載しております。
そちらを御覧ください。

新潟盲学校トップページ
http://www.niigatamou.nein.ed.jp/normal/top/normal%20page%20top.html
  「相談支援センター」 →「各種研修・相談会」とお進みください  

相談会のご案内(PDF)
http://www.niigatamou.nein.ed.jp/normal/soudan_sien/H28/H28kyoikusoudan.pdf



視覚障がい者のためのパソコン春季講習のご案内

新潟県視覚障害者福祉協会と新潟大学医歯学総合病院眼科、新潟大学人間支援科学教育研究センターの共催で実施されます「視覚障がい者のためのパソコン春季講習」が6月9日から全10回にて開講されます。本講座では、用意するカリキュラムだけではなく、受講者様の要望に応える形で講習会を進行します。ノートパソコンをお持ちの方はご持参下さい。


1. 日程:6月9日(木)から9月15日(木)
 (7月28日、8月を除く)毎週木曜日 全10回
 時間:17時30分から19時30分

2 .会場:新潟大学駅南キャンパス「といめいと」講義室A
     (新潟駅南口プラーカ1  2階)

3. 対象者:視覚障がい者の方でパソコンをお持ちか、購入予定のある方

4. 定員:5名(申し込み先着順)

5. 受講料:8,440円

6. 申込締切:5月27日(金)

申込みを希望される方は、下記へ電話でのご連絡をお願いいたします。

新潟大学研究企画推進部産学連携課
TEL 025-262-7633

5月のオアシス

「オアシス5月の予定のお知らせ」

新生オアシスは、5月7日から活動開始します。
新たな機器や道具の展示室も充実しました。どうぞ遊びにお出かけください。

5月・・「鯉のぼり 歩みを前にと 風が吹く」
 環境の変化は、見えづらい方たちには、とても苦手なことです。
私たちスタッフ、ボランティアさんの一番大事なお仕事は、新たな環境のご案内から始まります。どうぞ怪我がないように、バス停に着いたら、080-1054-7898にお電話下さい。お迎えに上がります。

 玄関に着いたら、土足で2階にお上がり下さい。ベルも検討中です。

 開設日は、火・水・木・土曜日の週4日、はじまりは10時です。

次に、
 第3日曜日の「歩行・転倒予防講習会」も変化があります。
 山田先生の「転倒予防総論」の講義から始まりますが、実技指導は、ラジオ体操を全員が行い、そのあと2班に分かれ、白杖歩行は今まで通り1時間。
「誘導歩行」は、見えにくい人も見える人も30分学び、その後、転倒予防体操を30分行います。

災害はいつ起こるか?わかりません。
「歩くことは生きること」ご自分の歩行訓練・歩行講習会を真剣に考えませんか?

 そして、5月は第1土曜の初心者調理教室と第4水曜日の「調理教室」とが合同に、第4水曜日に行います。

5月の行事予定です
7日(土)午後1時から「朗読あすなろ」
12日(木)午前11時から「リハビリ外来」
     清水先生、大石先生(眼科)、山田先生(内科)他医療スタッフ。
14日(土)午前10時から「グループセラピー」
     午後2時から「グループ会議」
15日(日)「白杖・誘導・転倒予防講習会」12時15分身体計測がはじまります。
   新潟市総合福祉会館4階です。
17日(火)午後1時から「朗読あすなろ」
19日(木)午前11時から「リハビリ外来」
     石川先生、大石先生、山田先生他医療スタッフ
25日(水)午後10時から「調理教室」 本館調理室


お問い合わせ、お申込み、ご相談は、025-267-8833にお電話ください。
情報ダイアルサービス025-267-3370でもお確かめ下さい。

 ~~

移転のお知らせ  NPO法人オアシス

移転のお知らせ  NPO法人オアシス
平成28年4月吉日


画像


NPO法人障害者自立支援センターオアシス
新潟県視覚障害者のリハビリテーションを推進する会
代表理事 山田幸男 事務局 小島紀代子


~事務所&活動場所移転のお知らせ~
若葉が美しい季節です。
このたび、NPO法人障害者自立支援センターオアシスは、5月より下記に移転することになりました。現在の有明児童センターより徒歩2分、402号線道路をはさみ向かい側の有明福祉会館分館2階です。赤いポストが目印です。

画像


これまで以上に地域に根差し、障害や病気の人、高齢者、若い人たちが共に理解し支え合い、生きがいを持ち暮らせる社会を目指し、活動を展開する所存です。今後とも一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

・・・・・・記・・・・・
新住所:〒950-2072新潟市西区松美台3番20号有明福祉会館分館2F
電話・FAX:025-267-8833(今までと同じです。)
http://userweb.www.fsinet.or.jp/aisuisin/
活動開始日:平成28年5月7日(土)


↓グーグルマップで確認
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92950-2072+%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C%8C%E6%96%B0%E6%BD%9F%E5%B8%82%E8%A5%BF%E5%8C%BA%E6%9D%BE%E7%BE%8E%E5%8F%B0%EF%BC%93%E2%88%92%EF%BC%92%EF%BC%90+%E6%9C%89%E6%98%8E%E7%A6%8F%E7%A5%89%E4%BC%9A%E9%A4%A8%E5%88%86%E9%A4%A8/@37.8968858,138.991777,18.51z/data=!4m2!3m1!1s0x5ff4c81477b8b615:0xdbbbb061cb194748

4月のオアシス

先日の日報抄に、「人と人との間を美しくみよう、私と人との間を美しくみよう。疲れてはならない」 の詩に・・私は、いくつになったらできるのだろうと愕然としました。
せめて、「私と人との間を優しくしよう。疲れてはならない」 を頑張ってみますと、詩人の八木重吉さんにつぶやきました。

4月の予定をお知らせします。

はじめに、
 今年の記念すべき「第20回サマースクール」のお知らせです。7月30日(土)新潟市総合福祉会館4階にてスペシャルゲストをお招きしての開催予定です。

 有明福祉会館分館への引越しは、4月26日(火)に決定致しました。第1・第3木曜日の「リハビリ外来」は、今までと同じ場所で行います。

 第3日曜日の「歩行・転倒予防講習会」の講義は、鶴巻信彦先生の「視覚障害リハビリテーション」、三留五百枝看護師による「フットケア」です。
「足を元気にして運動しましょう」の演題で、健康と足のケアの大切さを熱く語ります。今まで聞いたことのないお話が聞けるはずです。どうぞ ご期待下さい。

そして
 今月の「グループセラピー」のテーマは「家族はつらいよ」です。 当事者も家族もつらい。さー語り合うことがたくさんありそうです。

4月の行事予定

2日(土)「初心者調理教室」は都合悪く中止です。
7日(木)午前11時から「リハビリ外来」
    清水先生、大石先生(眼科)、山田先生(内科)ほか
8日(金)10時30分から「朗読あすなろ」相馬御風著「良寛様」より
9日(土)午前10時から「グループセラピー」
     午後2時から「グループ会議」
16日(土)午後1時30分から「朗読あすなろ」
17日(日)午後1時から「白杖・誘導・転倒予防講習会」新潟市総合福祉会館
21日(木)午前11時から「リハビリ外来」
      石川先生、大石先生、山田先生他
27日(水) 午後10時から「調理教室」 有明福祉会館調理室


以上のお問い合わせ申込みは、025-267-8833にお電話ください。
情報ダイアルサービス025-267-3370でもお確かめいただけます。

NPO法人障害者自立支援センターオアシス           
お問い合わせは  
電話/FAX: 025-267-8833
(火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日にお電話ください。)

ホームページ http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

オアシスより「あすなろ新春朗読サロン2016」のご案内

「あすなろ新春朗読サロン2016」のご案内です。

「朗読あすなろ」は、2011年11月に発足、月2回の学習会と年1回の発表会を行ってい
ます。

今年は、『哀しみと愛をみつめて(戦後70年)』をテーマとしました。メイン朗読は
、今活躍中の人気作家小川洋子さんの「風薫るウイーンの旅6日間」を連読させてい
ただきます。
 また戦後70年、新たな事実が続々と報道され衝撃を受けていますが、その時代に生
きた人たちが、何を考え、何を想い生活していたのか?を感じたい気持ちで企画しま
した。
 なお、あすなろ講師の樋口幸子アナウンサーが「アンネの日記」の一部を朗読し、
目の不自由な人たちが、音楽を奏で応援してくれます。参加してくださる方も楽しん
でいただけるよう企画しました。お誘い合せてご参加ください。


あすなろ新春朗読サロン2016
~哀しみと愛をみつめて(戦後70年)~
日時:1月30日(土)開演:午後1時から
場所:有明福祉会館1階フロア
読む人:朗読あすなろ (指導: 樋口幸子フリーアナウンサー)
*開場は12時から本、絵本、朗読したプリントなどをご自由にご覧ください。


◆オープニング
・ 詩の朗読 「あいたくて」 「日の光」 「あのね」
♪ フルート&ハーモニカ演奏 「さくら」 「すなやま」
・ 昔話 「ねずみのすもう」
◆第1部
♪フルート「デスベラード」
☆「風薫るウイーンの旅6日間」 小川洋子著 
初めての外国の旅、同室になった初老の婦人と大学生。
ちょっとした親切心が「愛と死」に向き合うことに・・

◆第2部(少し前の時代に生きた人の想いを・・感じませんか)
♪「冬の星座」 「雪の降る街を」
☆「エド&ユキ子」 吉野弘
☆「私がいちばんきれいだったとき」 茨木のり子
☆「アンネの日記」 アンネ・フランク著(朗読 樋口幸子)
  ナチスの迫害のため15歳で命を落としたアンネ。
      隠れ家・抑圧された中で大人への反抗心、恋に目覚め、
     人に言えない気持ちを記し成長する。
    どんな時でもユーモアと希望を失わなかったアンネ!
    
小川洋子さんは、アンネの悲劇的境遇だけでなく、言葉が心を表現するアンネに
衝撃をうけ、作家を志したとか。

お誘い合せてご参加ください。お申し込みいただけたら幸いです。

お問合せ・申込:NPO法人自立支援センターオアシス内 朗読あすなろ
                               小島 三留 渡辺
☎025-267-8833 携帯080-1054-7898




クリックすると拡大します
画像

視覚障害者の移動支援の在り方を考える勉強会の開催のお知らせ

視覚障害者の移動支援の在り方を考える勉強会の開催のお知らせ


このたび、視覚障害者の移動支援及び同行援護の歴史や問題点を共有し、今後の視覚障害者の移動支援の在り方を参加者のみなさまと模索することを目的に勉強会を開催します。ガイドヘルパーを使っている人・いない人問わず、皆さんで今後の支援の在り方を考えてみませんか。

主催:社会福祉法人 新潟県視覚障害者福祉協会
日時:平成28年2月28日(日)13:30~15:30
会場:新潟市亀田駅前地域交流センター (多目的ルーム)
   (新潟市江南区東船場1-1-22(℡ 025-382-0321)
参加費:無料


当日のスケジュール:
13:00~13:30 受付・開場

13:30~13:35 開会あいさつ
            (福)新潟県視覚障害者福祉協会 理事長 松永秀夫

13:35~14:30 同行援護の変遷と今後について(仮題)
             同行援護事業所等連絡会 会長 松永秀夫 様

14:30~15:10 利用者として考えること 
             五泉市 木村弘美 様
             佐渡市 椎 カヨ子様

15:10~15:30 質疑応答

申込み:電話等での事前の申し込みは不要です。当日会場入口で参加者の氏名とお住まいの地域の記入をお願いします。ガイドヘルパー等支援者の方も是非ご参加ください。

問い合わせ
社会福祉法人 新潟県視覚障害者福祉協会
新潟市江南区亀田向陽1-9-1
(電話番号)025-381-8130
担当:山口





平成27年度見えない・見えにくい方セミナー(長岡会場)開催のお知らせ

平成27年度見えない・見えにくい方セミナー(長岡会場)開催のお知らせ
~就労講演、機器展示体験会、スマホ体験会、各種相談~

 視覚障害者の就労ためには何をすればよいか、あるいはどのような仕事が可能なのかがはっきりわからない方のためのセミナーを行います。昨年同様に、視覚障害者の就労支援を行う当事者からの講演をとおし、就労に向けて具体的な方法を一緒に考えてみませんか。

主催:社会福祉法人 新潟県視覚障害者福祉協会
共催:長岡市視覚障害者福祉協会
日時:平成28年3月5日(土)10:30~15:00
会場:まちなかキャンパス長岡 (3階301、5階交流ルーム)
(新潟県長岡市大手通2-6 フェニックス大手イースト(℡ 0258-39-3300)
参加費:無料

当日のスケジュール:
10:00~10:30  受付・開場(3階301前)

10:30~10:35 開会あいさつ
            (福)新潟県視覚障害者福祉協会 
               理事長 松永 秀夫
            長岡市視覚障害者福祉協会 
                会長  藤田 芳雄
10:35~12:00 就労講演(3階301)
            NPO法人タートル 理事長 松坂 治男様

12:00~15:00 日常生活用具等の展示会・体験会(5階交流ルーム)
             株式会社 インサイト 株式会社 新潟眼鏡院
             その他

13:00~15:00 らくらくスマートフォン体験会(3階301)
             NTTドコモ  小野寺 杏里 様

13:00~15:00 生活相談・就労相談(4階交流広場)
             生活相談・同行援護相談:
              新潟県視覚障害者福祉協会 
                      理事長 松永 秀夫
            就労相談:
              NPO法人タートル 理事長 松坂 治男様


申込み方法:生活相談・同行援護相談・就労相談の何れかに参加を希望される方はお電話で氏名、電話番号、申し込み内容を事務局までお知らせください。
(電話番号025-381-8130)

申し込み期限は2月26日(金)17時まで。なお、らくらくスマートフォン操作体験会は10名限定の講座となりますが、受講者決定済のため、申し込みはできませんので、あらかじめご了承ください。当日は受付で参加者の氏名とお住まいの地域の記入をお願いします。

※就労講演、日常生活用具等の機器展示体験会は申込み不要です


問い合わせ
社会福祉法人 新潟県視覚障害者福祉協会
新潟市江南区亀田向陽1-9-1
(電話番号)025-381-8130
担当:山口




平成27年度見えない・見えにくい方セミナー(亀田会場)開催のお知らせ

平成27年度見えない・見えにくい方セミナー(亀田会場)の開催のお知らせ
~就労講演、機器展示体験会、各種相談~


 視覚障害者の就労ためには何をすればよいか、あるいはどのような仕事が可能なのかがはっきりわからない方のためのセミナーを行います。昨年同様に、視覚障害者の就労支援を行う当事者からの講演をとおし、就労に向けて具体的な方法を一緒に考えてみませんか。

主催:社会福祉法人 新潟県視覚障害者福祉協会
日時:平成28年2月14日(日)10:30~15:00
会場:新潟市亀田駅前地域交流センター (多目的ルーム・会議室)
   (新潟市江南区東船場1-1-22(℡ 025-382-0321)
参加費:無料


当日のスケジュール:
10:00~10:30 受付・開場(多目的ムール前)

10:30~10:35 開会あいさつ
             (福)新潟県視覚障害者福祉協会 
              理事長 松永 秀夫

10:35~12:00 就労講演(多目的ルーム)
             NPO法人タートル 
        副理事長 新井 愛一郎 様

12:00~15:00 機器展示・体験会(会議室)
             日常生活用具等の展示会・体験会
             株式会社 インサイト
             その他
13:00~15:00 生活相談・同行援護相談(多目的ルーム)
新潟県視覚障害者福祉協会 理事長 松永 秀夫
            就労相談(多目的ルーム)
             NPO法人タートル 副理事長 新井 愛一郎 様

申込み方法:生活相談・同行援護相談・就労相談の何れかに参加を希望される方はお電話で氏名、電話番号、申し込み内容を事務局までお知らせください。
(電話番号025-381-8130)

申し込み期限は2月12日(金)17時まで。当日は受付で参加者の氏名とお住まいの地域の記入をお願いします。
※就労講演、日常生活用具等の機器展示体験会は申込み不要です。

<>問い合わせ
社会福祉法人 新潟県視覚障害者福祉協会
新潟市江南区亀田向陽1-9-1
(電話番号)025-381-8130
担当:山口

オアシスより 「介護保険制度」学習会のご案内

「介護保険制度」学習会

 視覚障害者の高齢化は、一般社会より早く障害も重度の方が多いのが現状です。福祉サービスの利用は65歳になると「障害福祉サービス」より「介護保険制度」が優先となります。
高齢となり障害があっても、住み慣れた町で暮らすには、社会の資源・制度を知り上手に利用し、地域での「ささえ合い」が大切となります。
 そこで、誰もが知っておく必要のある「介護保険制度」の学習会を下記のように開催いたします。お誘い合わせの上、ご参加をお待ちしています。

と き :2015年11月15日(日)
    午前10時30分から
ところ:新潟市総合福祉会館4階
講 師 :藤本泰子氏
     (新潟県難病相談支援センター 相談支援員)
内 容 :「介護保険制度の基礎知識」
     介護保険のしくみ・ 利用・サービスの種類など
参加費:500円(資料代他)
対 象: 当事者・ご家族・医療・福祉関係者 どなたでも。

主催・問合せ:新潟県視覚障害者のリハビリテーションを推進する会
       NPO法人障害者自立支援センターオアシス事務局 小島紀代子
       電話・FAX:025-267-8833 メール:aisuisin@fsinet.or.jp


 午後1時からは、恒例の「白杖・誘導歩行・転倒予防講習会」が、同会場の4階にて行いますので、どうぞご参加ください。

移動点字図書館@佐渡市 開催案内

佐渡市にて移動点字図書館を開催いたします!

日時:平成27年11月8日(日)
    午前10時から午後3時
会場:アミューズメント佐渡 1階小ホール
   佐渡市中原234番地1
   
内容:
・ミニ点字図書館
 点字図書館で貸出を行っているCD図書、月刊誌・週刊誌のCD、雑誌、点字図書・点字絵本の紹介
・点字図書館の利用登録、図書の利用方法について
・CD図書を聴く、専用のデジタル録音図書プレイヤーの操作説明
・見えにくくても使いやすい日常生活用具展示・予約受付


●当館は、見えにくい方、見えない方など視覚に障害がある方のための情報提供施設です。図書などの情報を、音声や点字でお手元にお届けします。当館と利用者との郵送料は全て無料です。ご利用にあたっては、登録(無料)が必要です。
●利用登録者には隔月で図書館だより(点字版、音声版、活字版、Eメール版)を送付します。新刊情報のほか視覚障害関連の情報をお伝えしています。
●来場は申込み不要です。お気軽にお出かけください。

●お問合せ:新潟県点字図書館
 電話025-381-8111(9時から17時、月曜・祝日の翌日休館)


主催:社会福祉法人新潟県視覚障害者福祉協会
    新潟県点字図書館
共催:佐渡市
後援:佐渡市社会福祉協議会、佐渡市教育委員会(予定)

新潟盲学校 「地域支援セミナー in 柏崎」の御報告

「地域支援セミナー in 柏崎」の御報告

平成27年10月6日(火)、新潟県立柏崎特別支援学校を会場に「地域支援セミナー」を開催しました。
この「地域支援セミナー」は遠方でなかなか本校においでいただけない地域を中心に、本校が出向いて講演や相談等を行いますが、今回は合わせてロービジョンシミュレータを使用しての見えにくさの体験等から、支援について一緒に考えました。    
参加いただいた方々の感想から、毎日接する中での気付きの大切さや、見えにくさを体験したことで、周りにいる自分たちに何ができるかを改めて考えたり、できることから始めてみようという気持ちを持っていただけたりしたようです。
今回、残念ながら参加できなかった方々も、いつでも本校「相談支援センター」は相談を受けております。いつでもお電話ください。
また、開催に当たり、会場校である新潟県立柏崎特別支援学校には大変お世話になりました。感謝申し上げます。

視覚障がい者のためのパソコン秋季講習のご案内

新潟県視覚障害者福祉協会と新潟大学人間支援科学教育研究センターの共催で実施されます「視覚障がい者のためのパソコン秋季講習」が10月1日から全10回にて開講されます。
本講座では、用意するカリキュラムだけではなく、受講者様の要望に応える形で講習会を進行します。ノートパソコンをお持ちの方はご持参下さい。


1.日程:10月1日(木)から12月3日(木) 
17時30分から19時30分
     毎週木曜日 全10回

2.会場:新潟大学駅南キャンパス「といめいと」講義室A
     (新潟駅南口プラーカ1  2階)

3.対象者:視覚障がい者の方でパソコンをお持ちか、
購入予定のある方

4.定員:7名から10名(申し込み先着順)

5.受講料:8,440円

6.申込締切:9月18日(金)

申込みを希望される方は、下記へ電話でのご連絡を
お願いいたします。

新潟大学研究企画推進部産学連携課
TEL 025-262-7633

================


クリックすると拡大します
画像

新潟県眼科医会主催 2015年度 「村上市ロービジョン相談会」

新潟県眼科医会による2015年度「村上市ロービジョン相談会」が2015年9月27日(日) 10時より開催されます。
例年通り、新潟県視覚障害者福祉協会、日本眼科医会との共催で、「ささだんごネット」が後援しています。

見えにくくてお困りの方のための相談会です。
医療相談、福祉相談、便利グッズや視覚補助具の展示、盲導犬体験歩行会などを行います。
点字図書館の紹介コーナーも設置予定です。

当事者、ご家族、医療・介護スタッフ、他どなたでもご参加いただけます。


              記

1.日   時: 平成27年9月27日(日)  10:00~16:00

2.会   場: 村上市岩船郡医師会館  
          〒958-0862 村上市若葉町10-7
          TEL 0254(52)4666

3.内   容: 

  医療相談 新潟県眼科医会
   ・視機能・病状に応じた療養上、日常生活上のアドバイス
   ・視覚補助具(拡大鏡・遮光眼鏡など)の紹介・使用法の指導
   ・日常生活訓練に関する情報提供 等
  福祉相談 新潟県視覚障害者福祉協会・ささだんごネット
   ・福祉サービス情報の提供
  見えにくさをカバーする便利グッズの展示 
  視覚的補助具・機器展示 協力各社

   ・拡大読書器、各種拡大鏡、遮光眼鏡などを体験できます。
  盲導犬体験歩行会 日本盲導犬協会仙台訓練センター 
   ・盲導犬と歩いてみましょう。めったにない機会です!
  眼科スタッフ向けロービジョンケアミニレクチャー 新潟県眼科医会

4.対 象 者: 
  新潟県北地域在住の見えにくくてお困りの方(身体障害者手帳の有無は不問)
  当事者家族・医療関係者・福祉関係者・一般住民


県北地区の皆さま、この機会をお見逃しなきよう。
御来場をお待ちしております。

※「眼科スタッフ向け ロービジョンケアミニレクチャー」は
相談会会場にて 14:00~14:30に行います。
テーマ「ロービジョンケア…普通の眼科でできることは?」

詳しいご案内(画像)はこちらをご覧ください。
(クリックすると拡大します)

画像


画像


お問合せ先: 新潟大学医学部眼科内 新潟県眼科医会事務局 
TEL 025-227-2294

E-mail  gankaika@med.niigata-u.ac.jp



見えにくいお子様のための学習支援 ―夏の会―

新潟大学ロービジョン外来スタッフ主催のイベントのご案内です。

画像


視覚障害学習支援 -夏の会-

日時: 2015年8月27日(木)10時~15時
場所: 新潟医療福祉大学
     第8研究・実習棟 2階 視機能科学実習室

     〒950-3198 新潟市北区島見町1398番地 

         (駐車場有)

内容 : 
 *情報交換会
 *ITサポート (パソコンのこと、iPadのこと、
  デイジー教科書のこと なんでも専門の先生がお答えします。)
 *視覚補助具の紹介 (拡大読書器、ルーペ、遮光眼鏡など新しいものを見てみませんか。)  
 *ゲーム大会 (楽しいゲームを用意しています。)


※原則10時集合ですが、途中からの参加も歓迎します。昼食をお持ちください。

お申込み方法:
 参加される方のお名前をFAXまたはE-mailで
 8月21日(金)正午までにお知らせください。
  FAX:025-257-4533
  E-mail:ishii@nuhw.ac.jp


お問い合わせ: 
TEL:090-3094-3531 (石井 雅子)
 
画像

「目や見え方に関する教育相談会」の御報告 ・ 「地域支援セミナー in 柏崎」の御案内

「目や見え方に関する教育相談会」の御報告

3会場(上・中・下越)で開催しました「目や見え方に関する教育相談会」が先日終了いたしました。参加者数は45名、その内20名の方々と個別相談を行いました。

各会場では、
新潟大学医歯学総合病院 小児眼科 
植木 智志 様
新潟医療福祉大学 医療技術学部 
石井 雅子 様             
新潟大学医歯学総合病院 眼科 ロービジョン外来
張替 涼子 様

のお力をお借りし、専門的な内容をより分かりやすく説明いただいたり、相談者に対しては丁寧に対応していただいたりしました。
 参加者からは「今まで心の中でもやもやしていたものを整理できた。これから頑張っていこうと思う。」等の前向きな御感想をいただきました。盲学校も一層努力しなければと改めて確認した次第です。
相談会は終了しましたが、参加いただいた方々にとっては、これからがスタートです。
お気軽に盲学校はもちろんのこと「ささだんごネット」へ御相談いただきたいと思います。



「地域支援セミナー in 柏崎」の御案内

1 テーマ 「目や見え方に心配のある子どもたちの支援について考えましょう」
2 日 時  平成27年10月6日(火)13:30~15:30
3 会 場  新潟県立柏崎特別支援学校
4 対 象  柏崎地域に在住する目や見え方に心配のある幼児・児童・生徒の保護者、およびその関係者
5 内 容  講話、見えにくさの体験等

※詳細・申込み等につきましては当校HPに掲載しております。そちらを御覧ください。 

オアシスより 第19回サマースクールのお知らせ

「第19回サマースクール」のお知らせです。
~その人らしく生きるために「今」大切なこと~
が今年のテーマです。


→広報チラシはこちらからダウンロードできます   http://yahoo.jp/box/xJtJpU

 目の不自由な人にとって、「歩行、体力作り、食事作り、買い物」は、人間らしく暮らすために必要なことですが、簡単にできることではありません。
 昨年から、オアシスでは、転倒予防教室、ご飯が一人で作れますか?のリレー調理教室と取組み、成果が出てきています。
 障害があっても高齢でも、人間らしく暮らすには、「歩行、体力、食事、買い物」と、あなた自身が、気づき・行動し・身につけることではないでしょうか? いつまでも元気な私でいるために。


・・・
日時: 2015年7月26日(日) 9時30分~16時30分
    (9時受付開始)
場所: 新潟市総合福祉会館 4階
     ?025-248-7161(八千代1丁目)

参加費:700円

対象:どなたでも

~~
午前の部 9時30分から(講演)

・「水晶体のアンチエイジング~紫外線被曝による目の影響~」
 視覚障害リハビリ外来眼科 大石正夫先生
・「照明器具や小型発信器を使っての道案内」
 新潟大学・情報工学科   牧野秀夫先生
・ 「ひとりで買い物できますか?」 
元新潟県立高田盲学校   霜鳥弘道先生
・「歩くこと・・白杖歩行・誘導歩行」 
 元新潟県立高田盲学校   鶴巻信彦先生
・「オアシスの今、これから」   
  視覚障害リハビリ外来内科  山田幸男先生
・「リハビリ外来 医食住から就労まで」       
  事務局   小島紀代子様
・「眼科治療の進歩2015」      
 済生会新潟第二病院眼科   安藤伸朗先生

(昼休み)12時30分~13時30分

~~午後13時30分から

午後の部(6つのブースに分かれています。体験、チャレンジしてみませんか?)
○転倒予防
ロコモ・筋肉減少(サルコペニア)気になりませんか?運動を楽しく継続するために
○フットケア(足・爪の手入れ)
 正しい歩き方のために足を見直しませんか?
○白杖歩行・誘導歩行 買い物するために何が必要でしょうか?
○調理・日常生活用具
 ひとりでごはん、味噌汁を作るために、グッズも紹介
○拡大読書器ほか(新機種の紹介及び使い方の工夫)
よむべえ、アイペン、携帯拡大読書器、プレクストーク、テレビが聞けるラジオ
○パソコン・iPad
 パソコンでお買い物体験
~~
意見交換会

閉会16時30分                  代表理事    山田幸男先生


主催:新潟県中途視覚障害者のリハビリテーションを推進する会
   NPO法人障害者自立支援センターオアシス


申込み: はがき、FAX、メールでお名前、電話、住所をご記入の上、7月23日までに
〒950-2071新潟市西区西有明町1-80 TEL/FAX: 025-267-8833
メール:aisuisin@fsinet.or.jp

6月のオアシス

6月の予定のお知らせです。

はじめに、先回お知らせ済みですが、6月6日(土)は「パソコン教室20周年記念フォーラム」が開催されます。
団塊世代の高齢化は進み、「施設から在宅へ」の動きの中、「ひとりになったら」のパネルデスカッションはひとごとではありません。
 私たちのアンケート調査でも、一人になっても家にいたい人が6割です。障害や病気を持ち一人で生活している人、施設に入居している人がパネラーです。
支援のしくみ、有効な道具、体力面や食事、買物、周囲の人との関わり、介護保険、福祉制度等、多方面からのデスカッションとなります。座長の山田先生の突っ込みもするどいと思っています。
 その後、パソコン教室に貢献された方々への表彰式、ティータイムとなります。
申込みを3日(水)まで延長しました。

6月の予定です。

6日の「調理教室」と「グループセラピー」はフォーラム開催のため、お休みです。

第4水曜日の調理教室のメニューは、「こま切れ肉の揚げないトンカツ」です。暑い季節に、火を使わない、お家でできるスピード料理です。

第3日曜日に開催している「歩行講習会」の講義は、『転倒予防について』を山田幸男先生に、「転倒予防と栄養」を岩原管理栄養士にお願しています。
白杖歩行の実技は、鶴巻先生、霜鳥先生のお2人からのご指導です。
~~
 3日(水) 午前「リレー調理教室」味噌汁コースです。
 4日(木) 「リハビリ外来」
       清水先生、大石先生(眼科)、山田先生(内科)
 6日(土) 「パソコン教室20周年記念フォーラム」
        新潟市総合福祉会館5階
        12時15分から受付開始、13時~16時
10日(水) 午前「リレー調理教室」 味噌汁コース
12日(金) 午後 笠木小学校訪問学習
13日(土) 14時から「グループ会議」
17日(水) 「リレー調理教室」ご飯コース
18日(木) 「リハビリ外来」
       石川先生、大石先生、山田先生
20日(土) 14時から「朗読あすなろ」樋口講師
21日(日) 「歩行講習会・転倒予防教室」
       新潟市総合福祉会館4階 午後1時から
       計測は12時30分から行います。
24日(水) 「調理教室」火を使わない簡単調理。
26日(金) 13時から「朗読あすなろ」

以上のお問い合わせ申込みは、025-267-8833にお電話ください。
情報ダイアルサービス025-267-3370でもお確かめいただけます。

NPO法人障害者自立支援センターオアシス           
お問い合わせは  
電話/FAX: 025-267-8833
(火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日にお電話ください。)
ホームページ 
http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

「目や見え方に関する教育相談会」の御案内

「目や見え方に関する教育相談会」の御案内

新潟県立新潟盲学校では、お子さんの目や見え方に心配のある保護者や関係者の方々を対象に、毎年教育相談会を実施しています。お子さんの教育や就学等について、医療、教育の専門家が相談をお受けします。秘密は堅く守られますので、お気軽に相談にお越しください。

*参加される場合は都合のよい会場をお選びください。

1 期日及び会場  
〈下越地区〉 平成27年6月11日(木)
   県立教育センター  (新潟市西区曽和100-1)025-263-1094 
〈中越地区〉 平成27年7月6日(月)
長岡市教育センター (長岡市三和2-8-2)  0258-32-3716
〈上越地区〉 平成27年7月16日(木)
   上越市福祉交流プラザ(上越市寺町2-20-1)  025-527-2525

2 日程
●13:00 受付
●13:30 講話

〈下越地区〉
「教育的な支援について(乳幼児期・学齢児期)」(仮題)
   新潟県立新潟盲学校 教諭 渡邉 信子
〈中越地区〉
「目や見え方に心配のあるお子さんへの発達支援」(仮題)  
   新潟医療福祉大学 医療技術学部 教授 石井 雅子 様
〈上越地区〉
「目や見え方に心配のあるお子さんへの発達支援 医療現場から」(仮題)
新潟大学医歯学総合病院 眼科 ロービジョン外来 張替 涼子 様
●14:40個別相談
〈下越地区〉
新潟大学医歯学総合病院 小児眼科 植木 智志 様
新潟盲学校職員
〈中越地区〉
新潟医療福祉大学 医療技術学部 教授 石井 雅子 様
新潟盲学校職員
〈上越地区〉
新潟大学医歯学総合病院
  眼科 ロービジョン外来 張替 涼子 様
新潟盲学校職員

なお、詳細・申込み等につきましては当校HPに掲載しております。そちらを御覧ください。
http://www.niigatamou.nein.ed.jp/normal/soudan_sien/kakusyukennsyuu.html

また、平成27年度「親子教室」の予定もHPに掲載いたしました。合わせて御覧ください。
http://www.niigatamou.nein.ed.jp/normal/soudan_sien/oyako.html

オアシス 「祝 パソコン教室20周年フォーラム」

「祝 パソコン教室開設20周年フォーラム~高齢 障害者が、ひとりになったら」

1995年6月信楽園病院内で「音声パソコン教室」が誕生して丸20年、新潟県内外に姉妹校も12校に広がりました。多くの皆様のご支援のお蔭と感謝申し上げます

フォーラムは、超高齢化社会が進んだ今・・
あなたがもしひとりになった時、在宅、施設、どちらを望まれますか?どちらになったとしても、私たちが人間らしく生きるには、どうしたらよいのでしょうか?

今の現状、今から準備することなど、明るい何かが見つかるデスカッションに・・
会場の皆様と一緒に考えるフォーラムに・・したいと思っています。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

画像

(クリックすると拡大します)

◆日時:2015年6月6日(土)午後1時~4時(受付12時15分)
◆場所:新潟市総合福祉会館5F
◆会費:500円
◆申込み:事務局
◆対象:高齢者、視覚障害者、ご家族、医療・福祉関係者、学生さんどなたでも

~プログラム~
○開会の挨拶 視覚障害リハビリテーション外来  眼科大石正夫先生
○「私たちのパソコン教室を振り返って」
  信楽園病院内科・新潟県保健衛生センター  山田幸男先生

○パネルデスカッション
~おひとり様に必要な体力・食事・道具(パソコン他機器)・制度は?~
 座長:山田幸男先生
 パネラー:現在一人暮らしの人
 話題提供:
・転倒予防の取組みから  田村瑞穂転倒予防室長
・近くのお店に行くための歩行・買い物
   霜鳥弘道先生(元高田盲学校)
・生きるための調理教室をはじめて
   岩原由美子管理栄養士
アドバイザー:
鶴巻信彦先生(前高田盲学校)
榎並和子看護師(元訪問看護師)
藤本泰子相談支援員(元MSW)
小島紀代子相談員

~有意義なフォーラムにするために、皆様もデスカッションして欲しいこと質問
などをお考えの上、ご参加されますようお願致します。
○ティータイム  (交流・歓談)
○表彰式
○閉会の挨拶  代表理事  山田幸男先生

主催:新潟県視覚障害者のリハビリテーションを推進する会
NPO法人障害者自立支援センターオアシス    代表山田幸男
申込み・問合せ:電話・FAX 025-267-8833 メール aisuisin@fsinet.or.jp
                        事務局 小島紀代子
申し込みが必要です。メール&電話でお願致します。

4月のオアシス

4月の予定のお知らせです。

情報ダイアルサービス025-267-3370でもお確かめ下さい。

はじめに、平成27年度の行事予定のお知らせです。
今年は、パソコン教室開設20周年となります。
6月6日(土)午後1時から「祝パソコン教室20周年記念フォーラム」
7月26日(日)午前9時30分から「第19回サマースクール」
会場は、どちらも新潟市総合福祉会館です。詳細は後日お知らせします。


さて、
第3日曜日の「歩行講習会」ですが、歩行の講義は、『視覚障害リハビリテーション』を鶴巻信彦先生、
転倒予防は「ロコモティブシンドローム」を山田幸男先生にお願しています。

白杖歩行の実技は、『近くのお店に買い物に行く』を目的にして、鶴巻先生、霜鳥先生のお2人からご指導していただきます。予約が必要となります。

通常のオアシスは、毎週火・水・木・土の10時から16時まで開設、パソコン・プレクストーク、拡大読書器などの機器の使い方、見えにくくなってお困りのことなど、相談にも応じています。お茶やお話を愉しむ「オアシスカフェ」としてもご利用ください。

 また「生きるためのリレー調理教室」は、『ご飯コース』を終えた全盲の男性は、「みそ汁コース」に挑戦しています。

4月の行事予定

 1日(水)10時30分から
      「習って教えるリレー調理教室」
 2日(木)11時から「リハビリ外来」
      清水先生、大石先生、山田先生他
 4日(土)午前10時30分から「調理教室」
      午後1時から「グループセラピー」
 7日(火)午後2時から「朗読あすなろ」
      樋口幸子アナウンサー
11日(土)午後2時から「グループ会議」
       各作業グループ
15日(水)「リレー調理教室」
16日(木)「リハビリ外来」
       石川先生、大石先生、山田先生他
18日(土)午後2時から「朗読あすなろ」
19日(日)「歩行講習会・転倒予防教室」 
      新潟市総合福祉会館4階
     午後1時から開催ですが、
     計測は12時30分から行っています。
22日(水) 午前10時から「調理教室」


NPO法人障害者自立支援センターオアシス           
お問い合わせは  
電話/FAX: 025-267-8833
(火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日にお電話ください。)
ホームページ
 http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

点字図書館だより4月号を発行しました

新潟県点字図書館だより「メールにいがた」を隔月で発行しています。

「メールにいがた」は新刊情報や、各種のお役立ち情報を掲載した利用者むけの定期刊行物です。
当館に利用登録をされた方には、点字・墨字(活字)・デイジー(音声CD)で提供しています。
パソコンでEメール受信ができる方には、メール配信も行っています。いずれの形態も無料です。
メール配信をご希望の方には、ホームページ掲載の「お知らせ」と同内容のお知らせメールを配信します。
また、ご希望の施設・団体や病院、学校、公共図書館等へは、墨字(活字)またはメールで提供しています。

新規のご希望はお気軽に当館までお申込みください。

次号、2015年6月号(第114号)は、6月19日に発行予定です。
6月号への記事掲載依頼は、5月15日までに、当館にご連絡ください。

こちらでは、最新号とバックナンバーを閲覧できます。
図書館だよりホームページ
http://ngt-shikaku.jp/tayori.htm

3月のオアシス

3月の予定のお知らせです。
情報ダイアルサービス025-267-3370でもお確かめ下さい。
はじめに、
第3日曜日の『転倒予防教室』の講義内容変更のお知らせです。
2月が「転倒予防総論」と変更があり、3月が「ロコモティブシンドローム」となりました。
 歩行講習会は、講師の霜鳥弘道先生から「白杖歩行の総論」です。
実技指導は、霜鳥先生、鶴巻先生のお2人が担当され、きめ細かな指導が受けられる絶好のチャンスです。

 さて、オアシスは、毎週火・水・木・土の10時から16時まで開設しています。お茶やお話を愉しむ「オアシスカフェ」としてもご利用ください。

 また「ご飯が炊けますか?」の調理教室は、お料理をやったことのない男性が四苦八苦しながら奮闘しています。お米の計り方、とぎ方の工夫に感心され、「全盲でも出来ますね」と、次の「みそ汁コース」にと挑む勢いを感じます。
 
 春です。「歩行」「調理」にとチャレンジしてみませんか?

3月の行事予定

4日(水)ご飯が一人でたけますか?の
       「習って教えるリレー調理教室」
5日(木)「リハビリ外来」
      清水先生、大石先生、山田先生他
7日(土)午前10時30分から「調理教室」
      午後1時から「グループセラピー」
  午後2時から「朗読あすなろ」
      樋口幸子アナウンサー
14日(土)午前10時30分から「新大看護学生実習反省会」
      午後2時から「グループ会議」
15日(日)「歩行講習会・転倒予防教室」 新潟市総合福祉会館4階
     午後1時から開催ですが、計測は12時30分から行っています。
18日(水)「リレー調理教室」
19日(木)「リハビリ外来」
      石川先生、大石先生、山田先生他
20日(金)午後1時から「朗読あすなろ」
25日(水) 午前10時から「調理教室」


以上のお問い合わせやご相談は、025-267-8833にお電話ください。


NPO法人障害者自立支援センターオアシス           
お問い合わせは  
電話/FAX: 025-267-8833
(火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日にお電話ください。)
ホームページ http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/


2月のオアシス

2月の予定をお知らせします。
情報ダイアルサービス025-267-3370でもお確かめ下さい。

 はじめに、『白杖・誘導・転倒予防講習会』は2月15日(日)13時から、新潟市総合福祉会館4階です。
 今回の講師は、埼玉より清水美知子先生をお招きして、「高齢者・視覚障害者の一人暮らしの食事は、どうあるべきか?」生きるための根本的な問題です。講演のあと、参加者全員で考えます。

『転倒予防教室』の講義は「ロコモティブシンドロームとその予防」実技はラジオ体操ほかです。

 『ご飯を一人で炊く調理教室』は、お米の計量から洗米、水の計量、お釜のスイッチの入れ方から、ご飯をお茶碗に盛り、片付け、ゴミ処理まで・・ 教える先生も教わる男性も頑張っています。

 第4週目は、新潟大学医学部保健学科の地域実習となるため、いつものオアシスはお休みです。

 オアシスの通常は、毎週火・水・木・土の10時から16時まで開設しています。お茶やお話を愉しむ「オアシスカフェ」としてもご利用ください。

2月行事予定

4日(水)ご飯が一人でたけますか?の「リレー調理教室」
5日(木)「リハビリ外来」 
      清水先生、大石先生、山田先生他
7日(土)午前10時30分から「調理教室」
      午後1時から「グループセラピー」
15日(日)午後1時から「歩行講習会・転倒予防教室」 
      新潟市総合福祉会館4階
18日(水)「リレー調理教室」
19日(木)「リハビリ外来」
      石川先生、大石先生、山田先生他
21日(土)午後2時から「朗読あすなろ」
23日(月)~27日(金)新潟大学医学部保健学科
              看護学生実習施設に。
28日(土)からいつものオアシスになります。

以上の問い合わせやご相談は、025-267-8833にお電話ください。


;NPO法人障害者自立支援センターオアシス           
お問い合わせは  
電話/FAX: 025-267-8833
(火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日にお電話ください。)
ホームページ http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

1月のオアシス

1月の予定

今年は、パソコン教室開設20周年です。
6月に記念お祝い会を行う予定です。
 私たちのパソコン教室は、目の不自由な人、ボランティアさんと支え合いながら成
長し、県内外12カ所に広がりました。
転換期の今だから、20年の歩みを活かせる活動にしたいと思っています。

さて
1月の予定をお知らせします。
情報ダイアルサービス025-267-3370(24時間)でもお確かめ下さい。

新年の活動開始は6日(火曜)からです。
 毎週火・水・木・土の10時から16時まで開設しています。
 お茶やお話を愉しむ「オアシスカフェ」としてもご利用ください。
1月から新たに、ごはんを一人で炊くなどの「生きるための調理教室」を開始します

 はじめに、『白杖・誘導・転倒予防講習会』は1月18日(日)ですが、「歩行講
習会」はお休みとなり、「転倒予防教室」のみになります。2月からはプログラム通
りです。

行事予定

8日(木)「リハビリ外来」
      清水先生、大石先生、山田先生担当
10日(土)午後1時から「グループセラピー」
15日(木)「リハビリ外来」
      石川先生、大石先生、山田先生担当
18日(日)午後1時から「転倒予防講習会」 新潟市総合福祉会館4階
      講義、実技とも総復習となります。
21日(水)午前10時30分ご飯を一人で炊くための「調理教室」開始。
      オアシスパソコン教室内
23日(金)午後1時 あすなろ
28日(水)午前10時からはいつもの「調理教室」有明福祉会館
31日(土)午後1時「新春あすなろ朗読会」有明福祉会館1階ロビー


オアシスは、毎週火・水・木・土の10時から16時まで開設しています。
お茶やお話を愉しむ「オアシスカフェ」としてもご利用ください。


NPO法人障害者自立支援センターオアシス           
お問い合わせは  
電話/FAX: 025-267-8833
  (火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日にお電話ください。)
  ホームページ http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

12月のオアシス

12月のオアシスの予定をお知らせします。

 はじめに、第1土曜日に行われている「調理教室」は第2土曜日の13日に変更、第4水曜日の教室は、お休みとなりました。

次に『白杖・誘導・転倒予防講習会』は21日(日)です。
歩行の講義は、「福祉制度について」です。講師は吉田光男先生です。
先般、「目が不自由な人が、もし一人になったら」のテーマで、グループセラピーでの話し合い、アンケート調査を行いました。たくさん問題がありました。
今から準備しなければいけないことは?
「一人になっても家にいたい」人は、どんなサービスがあるのか?そのサービスが使える条件は何か?
「施設入所」を希望する人は、どんな条件が必要か?目が不自由な人を入所させてくれるか?また緊急の時、ガイドヘルパーは利用できるのか?など・・
講師の先生、山田先生、会場のみなさんと一緒に考えます。
その後に、「白杖歩行」「誘導歩行」「転倒予防」に分かれて実技指導を行います。

転倒の講義は「ロコモティブシンドロームとその予防」講師は山田幸男先生です。
先回のフットケアの講義では、自分の足を観察し清潔にする大切さを学びました。
今回は「足のチェック」も行います。


12月の予定

毎週火・水・木・土の10時から16時までオアシスは開設してます。
お茶やお話を愉しむ「オアシスカフェ」としてもご利用ください。


2日(火)五十嵐小学校4年生130人「こころをつなごう」の訪問授業
3日(水)
4日(木)「リハビリ外来」 
     清水先生、大石先生、山田先生他
6日(土)午前11時から、
      新潟大学、見えにくい人の生活展示会」の反省会
      午後1時から「グループセラピー」
9日(火)午後4時から、新潟大学眼科病棟スタッフとの「反省会」
10日(水)午前、山田小学校6年生「差別や偏見、助け合い、よく生きるには?」の訪問授業。
13日(土)午前10時30分「調理教室」 午後2時「あすなろ」
18日(木)午前11時から「リハビリ外来」
      石川先生、大石先生、山田先生他
19日(金)午後1時から「あすなろ」  樋口アナウンサー
20日(土)午前10時 大掃除
      午前11時30分から「クリスマス会」
21日(日)午後1時から「白杖・誘導・転倒予防講習会」
      新潟市総合福祉会館4階
25日(木)今年最後の開設日です。

~~

以上の問い合わせやご相談は、025-267-8833にお電話ください。

今年も多くの方たちのお知恵をお借りし汗を流し新たな活動に取り組みました。
本当に大切なことを行い、地道にコツコツ、みんなでつくり上げたいです。
来年もよろしくお願いします。どうぞ よいお年を・・・NPOオアシス




NPO法人障害者自立支援センターオアシス           
  電話/FAX: 025-267-8833
  (火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日にお電話ください。)
  ホームページ http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

(新潟盲学校主催) 学校職員向け研修会開催の御案内

~研修会開催の御案内~


【講演】 「コンサルテーションの進め方」
「特別支援学校としての小中学校の児童・生徒及び教員への支援]

【講師】 上越教育大学 大学院学校教育学科
  教授 加藤哲文  様
【日時】 平成26年12月19日(金) 15:00~16:50
【会場】 新潟県立新潟盲学校
【対象】 新潟盲学校職員 
       新潟県内小中学校・特別支援学校職員

※〆切を過ぎていますが、まだ申込み可能です。



【実践発表】 視覚障害児童生徒を対象としたiPadを活用した実践
~ 学習活動や地域支援の場で ~

【情報提供者】 新発田市立猿橋小学校 助教諭 井出  成美 先生
           五泉市立愛宕中学校    教諭 宮本絵理子 先生
           新潟県立新潟盲学校    教諭 多田  和弘 先生
【日時】 平成27年1月20日(火) 15:45~17:00
【会場】 新潟県立新潟盲学校
【対象】 新潟盲学校職員 新潟県内小中学校・特別支援学校職員

※御案内、及び申込みは各学校に送付させていただきましたが、
新潟盲学校HPにも掲載しております。多くの方の御参加をお待ちしております。


新潟盲学校のホームページ
  http://www.niigatamou.nein.ed.jp/

(新潟盲学校主催) iPad活用研修会 参加御礼

~研修会参加の御礼~

新潟市障がい者ITサポートセンター 山口俊光先生による
  「視覚障害児者、重複障害児者を主な対象とした
iPadの便利な操作と活用術授業でのiPad活用方法
の研修会では、地域の小中学校、特別支援学校の先生方20名から参加をいただきました。
「有意義な研修会であり、現場で活用したい。」との感想が多く寄せられました。

山口先生、御参加いただいた皆様、ありがとうございました。


【期日】平成26年11月14日(金) 15:45~17:00
【会場】新潟県立新潟盲学校 会議室
【講師】新潟大学大学院 自然科学研究科
    新潟市障がい者ITサポートセンター
    特任助手 山口 俊光 様
【内容】視覚障害児者、重複障害児者を主な対象とした
    「iPadの便利な操作と活用術」「授業でのiPad活用方法」等
【対象】県内小中学校職員 特別支援学校職員 新潟盲学校職員
http://sasadangonet.at.webry.info/201410/article_1.html

11月のオアシス

オアシスから11月の予定をお知らせします。

はじめに、第1土曜日に行われている「グループセラピー」は、第2土曜日の8日午後1時からに変更されました。
テーマは10月に引き続き「障害を持ち、一人になったら・・」です。一人になった時、何が一番困るのか?食事は作れるか、買い物はできるか、ゴミ捨て、郵便物は?
一人で家にいるためには、施設に入るには?どうすればいいのか、悩ましい問題が出てきます。引き続き考え、問題点の整理、準備できることは何か?などの話し合いを行います。

そして、
第3日曜日は『白杖・誘導歩行講習会』と「転倒予防教室」です。
歩行の講義は、「病院受診・買い物、乗車などの支援」をオアシス歩行担当者から、転倒予防講義は、「フットケア 足・爪の手入れ」を、看護師の三留さんが行います。「大切な足をおろそかにしていませんか?意識してください。足は第2の心臓です。」と情熱的に語ってくれます。お楽しみに・・

その後に、「白杖歩行」「誘導歩行」「転倒予防」に分かれて実技指導を行います。
今月は、オアシスとの絆が深い会津の「あい・つう」の皆さんが参加されます。

また
「見えにくい方の生活便利品の展示と相談会」が開催されます。
日時: 11月25日(火 9時~14時)
         26日(水 9時~13時)
         27日(木 9時~12時) の3日間
場所:新潟大学医歯学総合病院アメニティモール研修室にて
主催:新潟大学東6病棟
共催:NPOオアシス(オアシスの目の不自由な人がスタッフです。)

11月の予定

毎週火・水・木・土の10時から16時まで、「リハビリ外来」と連携しているNPOオアシスは開いています。
お茶やお話を愉しむ「オアシスカフェ」としてもご利用ください。

 1日(土)午前10時30分から「調理教室」
 6日(木)午前11時から「リハビリ外来」 清水先生、大石先生、山田先生他
 8日(土)午後1時から「グループセラピー」
14日(金) 午後1時から「朗読あすなろ」教材「星の王子さま」
16日(日)  午後1時から「白杖・誘導・転倒予防講習会」
  新潟市総合福祉会館4階
20日(木) 午前11時から「リハビリ外来」 石川先生、大石先生、山田先生他
22日(土)午後2時から「朗読あすなろ」樋口幸子アナウンサー
26日(水)午前10時から「調理教室」

25日(火)・26日(水)27日(木)の3日間
「見えにくい方の生活便利品の展示と相談会」が新潟大学医歯学総合病院アメニティ
モール研修室にて開催


お問い合わせや、何でも相談も受け付けています。
火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日、025-267-8833にお電話ください。
よろしくお願いします。

NPO法人障害者自立支援センターオアシス             
  電話/FAX: 025-267-8833
  ホームページ http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

10月のオアシス

10月のオアシスの予定

はじめに調理教室とグループセラピーの変更のお知らせです。
毎月第1土曜日に行われている「調理教室」が第2土曜日の11日10時30分から、「グループセラピー」も11日の午後1時からに変わりました。

グループセラピーのテーマが「ひとりになったら・・」です。
一緒に話し合い、考えてみませんか?
今の自分や家族が見えてくるように思います。
誰にでもくる悩ましいテーマです。

そして
8月から始まった第1回「転倒予防教室」は多くの参加者で賑わいました。
その意欲を継続させ、効果が分かる教室にするために、スタッフ一同知恵を絞って奮闘しています。
10月の講義は「骨粗鬆症・ビタミンD・食事・日光浴」講師は山田幸男先生です。
外出する機会の少ない人は、ビタミンD不足になり、ビタミンD不足は、転倒しやすく骨粗鬆症にも・・まずは、正しい知識を得て、転倒予防運動を継続しましょう。

次に「視覚障害リハビリテーション外来」と連携しているNPOオアシスは、毎週火・水・木・土の10時から16時まで開設しています。
パソコン、iPhone iPad、拡大読書器・録音再生機・各種機器の使い方の学び合い、申請の仕方、困りごとの相談も行っています。
お話ししたい方、お友達に会いたい方も歓迎です。お茶とお菓子も用意してあります。 どうぞご利用ください。(電話025-267-8833 )

最後に、朗読あすなろの今月の教材は、サンテグジュペリの「星の王子さま」です。
一番有名な「心で見なくっちゃ、ものごとは見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」のキツネと王子さまが仲良くなっていく・・そのあたりを教材とします。
秋の夜空のきれいに輝く星から、何かを想い、何かを感じませんか?

10月の予定です。

 2日(木)午前11時から「リハビリ外来」 
     清水先生、大石先生、山田先生他
4日(土)午後2時~「朗読あすなろ」
     教材「星の王子さま」
11日(土)午前10時30分から「調理教室」
      午後1時から「グループセラピー」
16日(木) 午前11時から「リハビリ外来」 
     石川先生、大石先生、山田先生他
19日(日)午後13時から
     「白杖・誘導・転倒予防講習会」
      新潟市総合福祉会館4階
      歩行講習会の講義は鶴巻信彦先生の「こころのケア」です。
21日(火)午後2時~「朗読あすなろ」
      樋口幸子アナウンサー
22日(水)午前10時~「調理教室」


お問い合わせや、何でも相談も受け付けています。
火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日、025-267-8833にお電話ください。
よろしくお願いします。

NPO法人障害者自立支援センターオアシス             
  電話/FAX: 025-267-8833
  ホームページ http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

(新潟盲学校主催) iPad活用研修会開催の御案内

新潟盲学校の主催で研修会を開催いたします。
 詳細は次の通りです。

【期日】平成26年11月14日(金) 15:45~17:00
【会場】新潟県立新潟盲学校 会議室
【講師】新潟大学大学院 自然科学研究科
    新潟市障がい者ITサポートセンター
    特任助手 山口 俊光 様
【内容】視覚障害児者、重複障害児者を主な対象とした
    「iPadの便利な操作と活用術」「授業でのiPad活用方法」等

【対象】県内小中学校職員 特別支援学校職員 新潟盲学校職員

 ※ 御案内、及び申込み書は各学校に送付させていただきましたが、新潟盲学校HPにも掲載してあります。
   〆切は10月31日(金)となっております。

 また、「コンサルテーションの進め方」「iPadを活用した実践」等の研修会を今後予定しております。
詳細は後日掲載いたします。

新潟盲学校のホームページ
  http://www.niigatamou.nein.ed.jp/

オアシス 9月の予定

9月の予定

はじめに、「同行援護従業者養成講座」が9月13日(土)14日(日)20日(土)21日(日)の4日間、新潟市総合福祉会館4階にて開催されます。そのため、9月13日(土)9月20(土)は、オアシスはお休みさせていただきます。

同じく、毎月第3日曜日に行われる「白杖・誘導歩行講習会」と、先月から開催された「転倒・骨折予防教室」もお休みさせていただきます。お間違いのないようにお願致します。


次に「視覚障害リハビリテーション外来」と連携して行っている、NPOオアシスは、毎週火・水・木・土の10時から16時まで開設しています。

パソコン、iPhone iPad、拡大読書器・録音再生機・各種機器の使い方の申請から指導も行っています。

お話ししたい方、お友達に会いたい方も歓迎です。お茶とお菓子も用意してあります。 どうぞご利用ください。
(電話025-267-8833 )

9月の行事予定

4日(木) 午前11時から「リハビリ外来」 
      清水先生、大石先生、山田先生他
      午後1時~「グループセラピー」です。
      最初の1時間は自由な話し合いに、
      後半の1時間は、「家族について」も
      テーマになります。
6日(土) 午前10時30分「初めての調理教室」」
     午後1時~「グループセラピー」です。
     午後3時~「朗読あすなろ」
             樋口幸子アナウンサー
13日(土)14日(日) 「同行援護養成講座」
      場所:新潟市総合福祉会館
16日(火) 午後2時から「朗読あすなろ」
18日(木) 午前11時~「リハビリ外来」 
       石川先生、大石先生、山田先生他
20日(土)21日(日) 「同行援護養成講座」 
       場所:新潟市総合福祉会館
24日(水)午前10時~「調理教室」


お問い合わせや、何でも相談も受け付けています。
火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日、
025-267-8833にお電話ください。

よろしくお願いします。


NPO法人障害者自立支援センターオアシス             
  電話/FAX: 025-267-8833
  ホームページ http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

TeNY 医療の広場 フリーマガジン

TeNY 医療の広場のフリーマガジン「HIROBA」 2014年秋号に、ロービジョンケアの特集が掲載されました。

「ささだんごネット」のこともしっかり取り上げていただきました。

「HIROBA」は県内のたくさんの医療機関や調剤薬局・商業施設などに配置されています。サークルK、デイリーヤマザキ、くすりのコダマ(ココカラファイン)では、全店に配置してあるとのことです。
ぜひお手にとってご覧ください。

↓ 掲載イメージ(クリックすると拡大しますが読むのは難しいです)

画像

画像
画像

視覚障がい者のためのパソコン秋季講習のご案内

新潟市障がい者ITサポートセンターからのお知らせです。

「視覚障がい者のためのパソコン秋季講習」が10月2日から全10回にて開講されます。
本講座では、用意するカリキュラムだけではなく、受講者様の要望に応える形で講習会を進行します。
ノートパソコンをお持ちの方はご持参下さい。

日時:10月2日~12月4日 毎週木曜日

時間:17:30~19:30 (10月16日に限り18:00~20:00)

場所:新潟大学駅南キャンパス ときめいと 講義室A
    (新潟駅南口 プラーカ1 2階)

対象者:視覚障がい者でパソコンをお持ちか、購入予定のある方

定員:5名(申し込み先着順)

受講料:無料

申し込み期間: 8月20日~9月18日まで
   (定員になりしだい受け付けは終了いたします。)

申し込み方法:新潟市障がい者ITサポートセンターまで
         ご連絡ください。

講座のご案内リーフレットは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/pPNQ7U

新潟市ITサポートセンター
電話:025-262-7774
対応時間帯:平日13 時~ 18 時( 年末年始・夏季休暇以外)
メール:nitsc@eng.niigata-u.ac.jp
ホームページ: http://nitsc.eng.niigata-u.ac.jp/about

新潟県眼科医会主催 2014年度 「長岡市ロービジョン相談会」

新潟県眼科医会による 
2014年度「長岡市ロービジョン相談会」が2014年10月12日(日) 10時よりハイブ長岡にて開催されます。
例年通り、新潟県視覚障害者福祉協会、日本眼科医会との共催です。また、今年からは「ささだんごネット」も後援しております。



見えにくくてお困りの方のための相談会です。
医療相談、福祉相談、便利グッズや視覚補助具の展示、盲導犬体験歩行会などを行います。
点字図書館の紹介コーナーも設置予定です。

当事者、ご家族、医療・介護スタッフ、他どなたでもご参加いただけます。

なお、来年度は県内の他の地域(未定)での開催を予定しています。
中越地区の皆さま、この機会をお見逃しなきよう。
御来場をお待ちしております。

※「眼科スタッフ向け ロービジョンケアミニレクチャー」は
相談会会場にて 14:00~14:30に行います。
テーマ「ロービジョンケア…普通の眼科でできることは?」

詳しいご案内(画像)はこちらをご覧ください。

クリックすると拡大します。
画像

画像


同時開催の「盲導犬体験歩行会」の広報チラシ(PDF)はこちらからダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/9TR87U


TeNY[医療の広場」イベント情報ページでも紹介されました!
http://www.iryou-hiroba.com/event/event.html

オアシス8月の予定

暑い日が続いています。
緑のカーテン・ゴーヤが風に揺れ、涼やかです。
 第18回サマースクールは、140名以上の参加者とオアシスチーム力のお蔭で無事終了しました。
 初めて講師として参加された先生が、『皆さんの積極的な動きに驚きました。とても興味深く、この力はすごいと思いました。』と話されていました。

8月のオアシス

 はじめに、毎月第3日曜日に行われる「白杖・誘導歩行講習会」と、今月から同じ会場で行われる「転倒・骨折予防教室」は、第5日曜日の8月31日(日)午後1時から、新潟市総合福祉会館4階にて開催いたします。

 また9日(土)10時からパソコン教室にて「第18回サマースクール」の反省会を行います。
 お盆休みは、8月12日(火)から18日(月)までです。

次に「視覚障害リハビリテーション外来」と連携して行っている、NPOオアシスは、毎週火・水・木・土の10時から16時まで開設しています。
パソコン、iPhone iPad、拡大読書器・録音再生機・各種機器の使い方の申請から指導も行っています。
お話ししたい方、お友達に会いたい方も歓迎です。
お茶とお菓子も用意してあります。 どうぞご利用ください。(電話025-267-8833 )

行事予定
2(土)午後1時~「グループセラピー」です。
    最初の1時間は自由な話し合いに、
    後半の1時間は、「家族について」もテーマになります。
5(火)午後2時 「朗読あすなろ」

7(木)午前11時から「リハビリ外来」 
    清水先生、大石先生、山田先生他

9(土) 午前10時30分「初めての調理教室」
    午前10時~12時 「サマースクール反省会」
                オアシスパソコン教室

12(火)~18(月)オアシスお盆休みです。

21(木)午前11時~「リハビリ外来」 
石川先生、大石先生、山田先生他

23 (土)午後2時「朗読あすなろ」

27 (水)午前10時~「調理教室」



 お問い合わせや、何でも相談も受け付けています。
火曜、水曜、木曜、土曜のオアシス開設日、025-267-8833にお電話ください。
よろしくお願いします。

NPO法人障害者自立支援センターオアシス             
  電話/FAX: 025-267-8833
  ホームページ http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

三条市で移動点字図書館を開設します。

◆移動点字図書館を開設します
三条市で移動点字図書館を開設します。
近隣地域にお住いの皆様を対象に、点字図書館の利用方法や機器の貸出・操作説明、視覚障害者向けの便利な用具の紹介などを行います。
どなたさまも、お気軽にご来場ください。

日時:平成26年10月26日(日)
     午前10時~午後3時
会場:三条市中央公民館
    (新潟県三条市元町13-1)
主な内容(予定):点字図書館利用案内、
   プレクストーク(デジタル図書再生機)操作説明、
  日常生活用具展示・注文受付など

出店業者名(予定):(株)ラビット(情報機器)、
             (株)インサイト(拡大読書器)
(株)アットイーズ(プレクストークデモ)

お問合せ:新潟県点字図書館
電話025-381-8111(月曜休館)

http://ngt-shikaku.jp/
↑ 詳細は当館サイトに随時アップしていきます。

「転倒・骨折・寝たきり予防教室」のお知らせ

NPO法人障害者自立支援センターオアシスからのお知らせです。

『転倒・骨折・寝たきり予防教室』を8月から開設致します。

 最近高齢者の平均寿命が延びていますが、同時に介護してもらいながら生きる年数も増えています。できれば、介護を受けないで、自分のことは自分でやる年数(健康寿命)を長くしたいものです。

 健康寿命を長くできない原因の1つに、転倒や骨折があります。
 そこで私たちは、2014年8月から「転倒・骨折・寝たきり予防教室」を開くことにいたしました。将来的には、転倒予防の指導者や転倒予防を考える会を育成したいと考えております。 たくさんの方々のご参加をお待ちしています。

・・・『転倒・骨折・寝たきり予防教室』・・・
対象:どなたでも結構です。(とくに転倒の経験のある方はぜひご参加ください)
場所:新潟市総合福祉会館
日時:毎月第3日曜日 午後1時~4時
8月のみ31日の第5日曜日に・・・9月はお休みです。
参加費:200円

内容: 1クール5回となっています。1年で2クール行います。

1回(2月・8月)
 講義 ・ロコモティブシンドロームとその予防
 実技 ・ラジオ体操 ・バランス体操 ・身体測定 ・美しい歩き方
2回(3月・10月)
 講義 ・サルコペニアとは?
 実技 ・筋肉トレーニング ・ストレッチング
3回(4月・11月)
 講義  ・骨粗鬆症・ビタミンD・食事 日光浴
 実技  ・けがをしない転び方 ・腰痛体操
4回(5月・12月)
 講義 ・フットケア
 実技 ・足のチェック法(フットケア)
5回(6月・1月)
 講義 ・転倒予防
 実技 ・総復習


主催・問い合わせ:新潟県視覚障害者のリハビリテーションを推進する会
    NPO法人障害者自立支援センターオアシス 

    電話: 025-267-8833
    メールアドレス: aisuisin@fsinet.or.jp
    ホームページ: http://www.fsinet.or.jp/~aisuisin/

第18回サマースクール」のお知らせ

NPO法人障害者自立支援センターオアシスより、今年のサマースクールのご案内です。
 毎年好評の眼科の先生の講演や、転倒予防の実際の取組みのご紹介など、これからの健やかライフのために一緒に勉強しませんか?

 また午後からの「見学・体験コーナー」では、オアシスの機器グループ他、メーカーさんや新潟眼鏡院さんも出展します。
『白杖・誘導の指導や相談』もできます。
 新たに姉妹校や作業グループからのポスター発表も予定しています。
どうぞお誘い合わせてご参加ください。

~~
 目の不自由な人のための『第18回サマースクール』
  ~すこやかな明日のために~

日時:2014年7月27日(日)
9時30分~16時(9時受付)
参加費:700円(弁当飲み物、資料代)
場所: 新潟市総合福祉会館4階
対象: 目の不自由な人、家族、医療者、ヘルパー、学生、どなたでも

午前の部  開会 9時30分

○「視覚障害の告知とリハビリテーション」
   白根健生病院・リハビリ外来 眼科
    大石正夫先生

○「高齢者におけるロコモ予防、転倒予防の取組みの紹介」
 ~住民サポーター育成の経験から~ 
新潟医療福祉大学教授 
小林量作先生

・「オアシス転倒予防教室開設にあたって」
    オアシス転倒予防グループ
・「運動とフットケア」             
オアシス転倒予防
・「サルコペニアと栄養」            
オアシス転倒予防

・「これからの転倒予防」   
信楽園病院・リハビリ外来    
山田幸男先生
・「最近のリハビリ外来とオアシス」
              事務局
・「機器メーカーからの最近情報」 
          機器展示メーカーさん

○「眼科診療の進歩2014」 
済生会新潟第二病院眼科部長 
    安藤伸朗先生
昼休み

午後の部  13時から

○見学・体験コーナー
① 拡大読書器他機器展示  13時~17時
②  白杖・誘導の指導・相談 
講話:13時~ 霜鳥先生・鶴巻信彦先生
    実技:13時30分~14時30分
③ iPhone iPad      14時~15時
④ 日常生活用具・パソコン 14時~15時
⑤ 転倒予防       14時~15時

○ポスター発表 15時~15時30分       
姉妹校・作業グループから

○意見交換会   15時30分から

○閉会 16時  代表理事 山田 幸男先生


主催: 新潟県中途視覚障害者のリハビリテーションを推進する会
NPO法人障害者自立支援センターオアシス
 

代表理事 山田幸男
申込み: はがき、FAX、メールでお名前、電話、住所をご記入の上、7月23日までに

〒950-2071新潟市西区西有明町1-80
 TEL/FAX: 025-267-8833
メール:aisuisin@fsinet.or.jp