新春朗読会のご案内

画像
 5周年記念の今年は、「いのちとこころの旅」をテーマに、ノーベル文学賞受賞の ボブ・ディランから、フランス文学の「星の王子さま」まで、いのちって?こころって? 物語と朗読を通して 感じてみませんか?

「あすなろ」は、見えない方、見える方が、共に楽しんでいます。会場の雰囲気を盛り上げようと「葉っぱと星」も共に作り、どう飾ろうか?夢を膨らませています。

 見えにくい・見えない方のフルートやハーモニカ、空での朗読、晴眼者と一緒の朗読、歌にコーラス、もちろん晴眼者も・・・プロのアナウンサーの朗読は圧巻です。
 ほっと一息のテータイムもご用意してあります。
 どうぞ、お誘い合せてお越し下さい。

~~
日時:2017年1月28日(土)
    13時から(受付は12時から)
場所:新潟市総合福祉会館4F
朗読:あすなろ&樋口幸子フリーアナウンサー

     *申込みが必要です。

◆オープニング
*フルート演奏  松任谷由美 「春よ、来い」
*くどうなおこ 「あいたくて」 「またあいたくて」
*金子みすゞ 「水と風と子供」ほか *日報抄から
*ボブ・ディラン 「風に吹かれて」「はじまりの日」

◆第一部
*小川未明 「野ばら」
 敵味方なのに互いを思いやる老兵士と若者。
 国境には野ばらが咲きみつばちが飛んでいた、その野ばらは枯れてしまう。

*レオ・パスカーリア作 みらい なな訳 「葉っぱのフレディ」
・春に生まれた葉っぱは、夏、秋を過ごし 冬になり、いなくなる。でもまた 春がめぐってきました。
いのちと循環の物語を・・変化は自然なもの、経験したことがないことは、怖いと思うもの。

◆音楽とお茶を・・
ハーモニカ(いろは歌、ふるさと)と歌(ヤシの実他)♪

◆第2部
*サン・テグジュペリ作 内藤濯訳 「星の王子さま」
  朗読 樋口幸子フリーアナウンサー
小さな国の星の王子さま、バラと仲たがいして旅に出る。星をめぐり、地球へ・・不時着した飛行機乗りの「ぼく」に出会う。薔薇のために時間を割いたことは?
「悲しいことは、いつまでも続かないよ。大切なことはね、目に見えないんだよ。」


~~
主催:NPO法人障害者自立支援センターオアシス

お申し込み、お問い合わせ: 
電話:025-267-8833 小島、三留、渡辺
携帯:080-1054-7898
メール:k-kojima7511@ma.tlp.ne.jp aisuisin@fsinet.or.jp


お申し込み、お待ちしています。 事務局 小島 紀代子