ささだんごネット主催 見えにくい皆様のための視覚補助具体験会

風薫る5月、視覚補助具体験会を企画致しました。
今回体験できる補助部は、最近発売された、暗いところで視力が低下する皆様向けの最新の補助具です。
また、まぶしさ、光による見えにくさでお困りの皆様向けの遮光眼鏡も体験できます。


画像
 
  画像をクリックすると拡大します


日時:2018年5月13日(日) 10時~15時

場所:新潟市福祉会館5階 501

出展品① HOYA夜盲症患者向け暗所視支援ウェアラブルデバイス
HOYA株式会社メディカル事業部は、夜盲症患者の暗所視支援を目的に、ウェアラブルデバイス「HOYA MW(仮称)」の開発を進めています。
本デバイスは、HOYAが開発した小型高感度カメラで捉えた像を画像処理ソフトウェアで処理し、装用者の眼前に設置された有機ELディスプレイに投影するメガネタイプの装用型機器です。暗所や夜間の低照度の環境で見えづらくなる夜盲症の患者さんに、より明るい視機能を提供することを目的として開発されています。

出展品② 遮光眼鏡
遮光眼鏡はまぶしさの要因となる500nm以下の短波長光(紫外線+青色光線)を効果的にカットし、それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた医療用カラーフィルターレンズです。まぶしさにより白く靄(もや)がかっているように見える状態を、短波長を取り除くことでくっきりさせ、コントラストを強調させます。

体験会への事前予約は不要です。
体験時間はお一人10分程度です。お誘いあわせの上ご来場ください

主催: 新潟県視覚障害リハビリテーションネットワーク協議会(通称:ささだんごネット)
共催: JRPS新潟
お問い合わせ: 石井雅子(E-mail: ishi-m@med.niigata-u.ac.jp)