オアシス 6月の予定


 痛ましい事件に、社会の歪み、闇の深さに、どうしようもない怒り、悲しみに暗澹たる想いです。
 それでも6月は、笹団子のヨモギ、笹、あんこの匂いが、母、祖母の温もりを思い出させ、こころが休まります。
 笹団子といえば、「ささだんごネット」を、知っていますか? 見えにくくなって、困っていることを相談、ロービジョンのできる施設6団体で構成されています。
 見えにくくなり、悶々と悩んでいる患者さんに、ロービジョンケアの存在を早く知ってほしい願いから設立、リーフレットができ、県内の眼科医院に配布されています。
 7年目になるでしょうか? 年2回、連絡会議を行い、情報、意見交換により6団体の顔がみえ、団体の特徴、強み弱みも明確になり、だからこそつながり連携することで、役立つ支援体制に近づきつつあると思っています。

 新潟県には「歩行・日常生活訓練士」がいない。視覚リハビリには、お寒い県でした。何年か前、県視障協から、人間力豊かな日常歩行訓練士さんが辞められた時には、困りました。連絡会議もぎくしゃくしましたが、紆余曲折があったゆえに6団体の絆も深まってきたように思えます。
 この4月、県視障協に歩行・日常生活訓練士さんが採用され、情報センターにも若い職員が…今回5月末の会議は、明るい笑顔の情報・意見交換会になりました。

「歩行訓練」も、オアシスリハビリ外来の個人訓練、歩行講習会の集団訓練、地域での訓練は、視障協さんに繋げます。「IT・パソコン訓練」も、「お悩み相談」も、当事者の方が、各団体の活動を上手に活用し、参加くださることが、団体を、支援する人たちを、育て、質の良いものが提供してもらえると思います。
どうぞ、見えにくくなってお困りの方に「ささだんごネット」を口コミでひろげてください。
 
 6団体とは、
『新潟県視覚障害者福祉協会』
『NPO法人オアシス』
『新潟県立新潟盲学校』
『新潟県視覚障害者情報センター』
『新潟大学医歯学総合病院眼科ロービジョン外来』
『新潟市障がい者ITサポートセンター』
です。

それでは6月のオアシスを…
 機器常設展示室には新しい拡大読書器が設置され、音声拡大読書器も2台あり、選択肢が増え、充実しています。お教えする当事者サポーターも生き生きと皆さんをお待ちしていす。6月16日(日)の「Rivo2説明体験会」も20人以上の申し込みがありますが、東京からオアシスのエース、伊藤一真氏も応援に駆けつけます。

~~
4日(火)
  午後1時30分 「朗読あすなろ」
5日(水)
  午後1時30分『3B体操&学びカフェ』
       有明福祉会館2F
    ミニ講座『骨粗鬆症?
      何に気をつけたらいいの?』 
      三留看護師
6日(木)
  午前11時「視覚障害リハビリ外来」
    清水先生(リハ専門職)
    山田先生(内科)ほか
8日(土)
  午前10時「グループセラピー」
  午後1時30分「グループ会議」
12日(火)
  午前10時30分「パソコン勉強会」 
    講師:新大工学部学生さん
  午後1時25分~「亀田西中1年生」 
     出前授業
16日(水)
  午前10時「Rivo2って何?見えなくても
     iPhone/iPad使えるの?」
    講師:(株)ラビット荒川明宏氏 
    協力支援:伊藤一真氏
    場所: 新潟市総合福祉会館
         5階大集会室
  午後1時「白杖・誘導歩行・転倒予防講習会」 
    講義:「サルコペニア・フレイル」
     山田幸男先生
    6月の実技は、見えにくい人も
    見える人も「誘導歩行」を学びます。
19日(水)
  午後1時30分『3B体操&学びカフェ』
       有明福祉会館2F
    ミニ講座 『骨粗鬆症と食べ物』 
     稲村管理栄養士
20日(木)
  午前11時「視覚障害リハビリ外来」
    石川先生ほか
21日(金)
  午後2時「坂井東小」出前授業
22日(土)
  午前10時「朗読あすなろ」
    樋口幸子アナウンサー
26日(水)
  午前10時「調理教室」
    有明福祉会館
28日(金)
  午後2時「新潟大学法学部ゼミ」
    出前授業

新潟県中途視覚障害者の
リハビリテーションを推進する会・
NPO法人
障害者自立支援センターオアシス
〒950-2072
新潟市西区松美台3番20号

お問い合わせは
025-267-8833
(火・水・木・土 10時から15時) 
小島紀代子